遺言書を作成する際の注意点

| 未分類 |

公正証書遺言は公証人に作って貰う遺言です。公証人が作成しますから、方式不備で無効になることは無いです。そして原本が公証人役場に保管される為、偽造や変造の心配はないです。

それで公正証書で遺言書を作成するには、二人以上の証人が立会人となり、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授して、それを公証人が筆記して、遺言者と証人に読み聞かせます。遺言者と証人が公証人の筆記に間違いが無いことを認め、これに署名をして押印します。

そして公証人が遺言書に上記の方式に従ったものだと付記して、署名をして押印します。後は原本が公証人役場に保管されて、立会人のどちらかが、遺言者が死去した時にこの遺言書を公開します。

それで立会人ですが、推定相続人及び受遺者は相続財産に利害関係が有りますから、立会人にはなれません。

そして自筆遺言書を作成する際の注意点は、すべて自筆で書いて、日付も書きます。そして訂正や文章の付け加えは署名・押印が必要です。そして最後に署名・押印してと公正証書遺言よりも簡単に手軽で安く作れます。ただ書式がどれか抜け落ちても、遺言書としての効力が失われますから、弁護士に点検してもらい不備を直した方が安心して残せます。