遺留分減殺請求の手続きの流れ

| 未分類 |

遺留分減殺請求は、相続人の不利益を防ぐために遺留分権者が遺留分の返還を請求することを言います。この場合、相続開始及び減殺すべき贈与または遺贈が有ることを知った時に、遺留分減殺請求通知書を余計に遺産を受け取る人に内容証明郵便で出します。時効が1年と決められているので、それまでに出す必要が有ります。

それで相手方と話し合いで解決するなら、話し合いで解決をして遺留分を相手方から受け取ります。しかし話し合いで解決しない場合は家庭裁判所に申し立てて、調停の手続きに入ります。そこで調停委員を間に入れて話し合いをします。そしてそこでも解決しなければ民事訴訟を裁判所ですることになります。

 

 

遺留分は法津で認められていますから、調停でも訴訟でも勝てますが、法律で定められている分を上回る遺留分を請求した場合はさすがに受付けてもらえないので、いくらまで遺留分を請求できるかは弁護士に相談するといいでしょう。そして調停も裁判も和解を勧めてきます。だから判決で終わらずに和解での決着になります。

この時相手方から分割の支払いを提示された場合は、それで受けるべきです。そして支払いが止まれば裁判所に訴えて強制執行をしてもらえばいいいだけです。