遺留分に注意しよう

| 未分類 |

遺留分という制度は一般的にはあまり知られていないかもしれません。簡単に言えば、遺族の生活を保障するために、たとえ亡くなった方が生前に贈与をしたり遺言があったりしても、その相続財産の一定額は遺族のために留保してあげようという制度です。

まず、だれがこの権利を得られるのかについてです。これは配偶者、子、直系尊属になります。よって、兄弟姉妹は法定相続人ではありますがこの権利はありません。次に、具体的にこれらの相続人にはどのくらいの遺留分があるのかについてです。まず、直系尊属のみが相続人の場合は相続財産の3分の1、その他の場合は相続財産の2分の1になります。そして、遺産の額にこの割合をかけた額を法定相続の割合で割りつけた額が具体的な相続人の遺留分の額ということになります。もし、自分の割合を侵害するような生前贈与や遺言があった場合には、遺留分減殺請求といってその財産を取り返すことができるのです。

よって、相続人の遺留分を侵害するような遺言の内容であると、侵害された相続人がこの請求をするかもしれません。こうなっては、せっかく相続でもめないように遺言をのこしたのに、逆に相続紛争の種になってしまいます。遺言の文案を練るときは、この点をしっかりと考慮した上で書かなければなりません。