遺留分制限を知っておこう

| 未分類 |

遺産相続は、相続の権利のある関係者の間でトラブルが生じなければ円滑に事が運びますが、そうでないと大変面倒なことになります。兄弟間で弁護士を立てて争うなどということも珍しくありません。
生前の親を面倒をみていたとか、前もって贈与的な財産引き渡しがあったとか、財産の評価が公のものと現実取引に差があるとか、トラブル要因は枚挙にいとまがありません。
生前に被相続人が自分の遺言として公正証書でつくり、もめないように配慮し、特定の相続人に一切合相続させるというようなケースもありますが、こうした場合も、トラブルは発生することがあります。
遺留分という制限があるからです。相続の権利がある人は、なにがしか相続に対する期待を持っています。その期待が、当の本人が知らない内に取り上げられてしまうようなことをないよう作られた制度です。

 

 
前述の場合には、指名された相続人以外は誰も財産相続ができないこととなってしましますが、そうではなく、本来の法律で定められた受け取る権利分の半分は遺留分として、受け取れるとしたものです。
財産全部を特定の相続人に譲るという遺言が公正証書などで整備されていても、この分だけは別の相続人の権利として残るということです。
故人の意思通りにしたいのであれば、他の相続人の同意を得て、遺産分割協議で、特定個人だけが相続するということを明確にするしかありません。