配偶者と子供が相続人の場合の遺留分はいくらか?

| 未分類 |

遺留分という言葉の意味は、被相続人の一定の近親者に留保された相続財産の一定の割合で、被相続人の生前処分または死因処分により、被相続人が一定の割合額を侵してまで勝手に財産を処分することを許さない制度です。

遺留分を有するもの(遺留分権利者といいます)は、兄弟姉妹以外の相続人(子供、直系尊属、配偶者)です。

遺留分権利者は相続開始前に家庭裁判所の許可を受けて放棄することができます。また、共同相続人の1人が放棄をしても、他の権利者に対しての影響は及びません。

配偶者、直系卑属のどちらか一方でもいる場合 は相続財産の2分の1

直系尊属だけの場合 は相続財産の3分の1

相続人が複数いる場合は、法定相続分をかけた割合です。

長男、長女が生存する場合、後順位である父母に相続権はないです。

 

 

もし、配偶者が死亡している場合は、すべて長男、長女がそのまま相続します。

長男、長女が実子(嫡出子とは婚姻関係にある男女から生まれた子供です)もしくは養子の場合はこのままの金額です。

非嫡出子(婚姻関係にない状態で生まれた子供で婚外子と言われます)である場合、嫡出子と同じ金額になります。

以前は、非嫡出子の相続分は、嫡出子の2分の1でした。

平成25年9月4日に最高裁判所の判決で、「嫡出子と嫡出でない子の法定相続分を区別する合理的な根拠は失われていたというべきである」と述べ、相続分を同じにするという判決が出ました。

ただ、この決定までになされた遺産の分割の審判その他の裁判、遺産の分割の協議その他の合意等により確定した法律関係には影響を及ぼさないとされています。

子が連れ子の場合は、被相続人との間で養子縁組がないと相続分はありません。