公正証書遺言とは

| 未分類 |

公正証書遺言とは、公証役場で作成され、公正証書となっている遺言書のことを言います。遺言書は、作成した人が、自分が亡くなった後、遺産相続などに関する自分の希望を伝えることができる手段です。遺産は遺言書などが無い場合には、法律にのっとって法定相続人が相続します。しかし、自分の財産を特定の人に渡したい場合などには遺言書を作成することでそれが可能となります。

 

しかし、法的に有効な遺言書であるためには、定められた方法での記載が必要となります。自宅で自分で書いて作る遺言書は自筆証書遺言と言います。自筆証書遺言は作成が簡単である反面、記載漏れやミスなどがあれば法的に認められない可能性があります。また、遺言書が発見されなかったり、偽造される可能性もあります。そのようなリスクを無くすことができるのが公正証書遺言です。公正証書遺言は、原本が公証役場で保管されるので紛失や偽造の心配がありません。作成する時には証人が二人立ち会う必要があります。実際の作成では、公証人が下書きにしたがって作成したり、口頭で述べたことを書きとったりして作成します。公正証書遺言であれば、遺言書が有効か無効かで争われることもほとんどなく、自分の亡きあと、遺志を伝えることが可能です。